From NH members

32
50で初めて鍵盤に触れて、5年後に「革命」を弾くまで (その1)

50で初めて鍵盤に触れて、5年後に「革命」を弾くまで (その1)

小さい子供の頃、ショパンの「革命のエチュード」が好きで好きで、レコード盤が擦り切れるほど聴いていました。 小学校高学年になって父親の仕事の都合でハンブルクに暮らすようになり、妹は当時の商社駐在員のお約束事で、ハンブルク製のスタインウェイを買ってもらい、ピアノを習っているのを、横目で羨ましそうに見ていました。 周りでは男の子はサッカーという風潮があった当時、さすがにピアノを習いたいとは言い出せず、、。 その後、ハンブルクで思春期を迎え、当時の少年たちと同じように、クイーン

スキ
127